【厚生労働省ホームページ】新着情報

    第15回厚生労働省国立研究開発法人審議会厚生科学研究評価部会(オンライン会議)の開催について
    これまでの出荷制限等の解除
    第27回社会保障審議会統計分科会疾病、傷害及び死因分類専門委員会資料
    出荷制限一覧表
    中央最低賃金審議会 (目安に関する小委員会)
    医薬品研究開発関係者等との面会・視察、米国政府関係者等との会談のため、武見厚生労働大臣がアメリカ合衆国へ出張しました。
    第113回労働政策審議会労働条件分科会労災保険部会(開催案内)
    令和6年度中央最低賃金審議会目安に関する小委員会(第4回)資料
    第11回雇用政策研究会 (議事録)
    第9回戦没者遺骨鑑定センター運営会議の開催について
    薬事審議会 化学物質安全対策部会(ペーパーレス)を開催します
    第12回雇用政策研究会資料を掲載しました。
    食品中の放射性物質への対応 - さらに詳しい情報|厚生労働省
    労働政策審議会 (労働条件分科会労災保険部会)
    戦没者遺骨鑑定センター運営会議
    「第六次薬物乱用防止五か年戦略」フォローアップについて (令和5年の薬物情勢公表)
    薬物乱用対策
    第7回ゲノム医療推進法に基づく基本計画の検討に係るワーキンググループ 資料
    【労働基準監督官採用関係】都道府県労働局からのお知らせ・説明会等のご案内 (京都労働局)
    官庁訪問(デジタル・電気・電子区分)
    第17回社会保障審議会年金部会の開催について
    令和6年度老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費等補助金)の国庫補助協議(追加公募)について
    第9回 創薬力の強化・安定供給の確保等のための薬事規制のあり方に関する検討会 議事録
    国民健康・栄養調査企画解析検討会 令和6年調査企画(開催案内 )
    令和6年度第2回医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(ペーパーレス)

Partner

こちらは現在準備中でございます。
お待たせして申し訳ございませんが、近日中に公開予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ。

Contact

※お問い合わせには順次対応させていただいております。
内容によっては、お返事までにお時間をいただく場合やお返事を差し上げられない場合がございます。

中峯社労士事務所への各種お問合せは、電話または下記のフォームより受け付けております。
保険に関する事、就業規則について、顧問契約についてなど、お気軽にご相談頂ければと思います。

雇用契約・トラブル・リスク・問題対策の勉強日記

ブログ

    懲戒免職処分に伴う退職手当不支給の有効性
    概要)退職金の支給については、裁判所が退職手当の支給制限処分の適否を審査するにあたって、軽重を論ずるのではなく、退職手当管理機関の裁量権の行使としてされたことを前提として、処分に係る判断が、社会観念上、著しく妥当を欠いて裁量権の範囲を逸脱し、濫用だと認められる場合、違法であると判断すべき管理職ではなく、懲戒免職処分を除き、懲戒処分歴がない。30年間、誠実に勤務、反省の情を示していることなどを勘案しても、社会観念上著しく妥当を欠いて、裁量権の範囲を逸脱し、濫用したものとはいえない。
    新給与体系に対して、賃金総額から基本給などを控除額を全て割増賃金とする給与体系の適法性
    考察)給与体系を見直す場合に支払っていた手当をそのまま割増賃金に持っていくのは危ないと思われる。どれだけの時間外労働に対して、どれだけ割増賃金が支払われるかを明確にしていく必要があるかと思われる。概要)(時間外、休日及び深夜の割増賃金)第三十七条 使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。ただし、当該延長して労働させた時間が一箇月について六十時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の五割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。② 前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。③ 使用者が、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、第一項ただし書の規定により割増賃金を支払うべき労働者に対して、当該割増賃金の支払に代えて、通常の労働時間の賃金が支払われる休暇(第三十九条の規定による有給休暇を除く。)を厚生労働省令で定めるところにより与えることを定めた場合において、当該労働者が当該休暇を取得したときは、当該労働者の同項ただし書に規定する時間を超えた時間の労働のうち当該取得した休暇に対応するものとして厚生労働省令で定める時間の労働については、同項ただし書の規定による割増賃金を支払うことを要しない。④ 使用者が、午後十時から午前五時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の二割五分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。⑤ 第一項及び前項の割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない。道場などに定められた方法により算定された額を下回らない額の割増賃金を支払うことを義務付けるにとどまる。通常の労働時間の賃金に当たる部分と同条の割増賃金に当たる部分等を判別することができることが必要である。新給与体系は、その実質においては、労働時間や時間外労働の有無に関係なく、賃金総額を支払いば足りるように設定されている。給与体系の基本歩合給として支払われていた賃金の一部を名目のみを割増賃金に置き換えて支払うことを内容とする賃金体系にしている。本件割増賃金は、その一部に時間外労働等に対する対価として支払われているものを含むとしても、通常の労働時間の賃金として支払われるべき部分をも相当程度含んでいるものと解さざるを得ない。本件割増賃金のうちどの部分が時間外労働などに対する対価にあたるかが明確になっているという事情も伺われない以上、割増賃金が支払われたものと言うことができない。
    住み込み家政婦兼訪問介護ヘルパーの家事使用人該当性
    考察)今回、家政婦と介護ヘルパーを兼業して行っていたが、介護ヘルパーの業務時間業務量については確認が取れ、こちらに疾病の要因がなければ家政婦の業務に問題があるとされたが、そもそも労基法の適用がないため、該当しないとされた。概要)家事業務は、KとAの息子との間の雇用契約に基づいて提供されており、これを本件会社の業務と認めることができない。(適用除外)第百十六条 第一条から第十一条まで、次項、第百十七条から第百十九条まで及び第百二十一条の規定を除き、この法律は、船員法(昭和二十二年法律第百号)第一条第一項に規定する船員については、適用しない。② この法律は、同居の親族のみを使用する事業及び家事使用人については、適用しない。本件は家事使用人に該当するため、労災保険法上の業務起因性を検討する対象にならない。

Map

Address

〒580-0032

大阪府松原市天美東1丁目80-22
Tel 070-5664-5811